記事一覧

加賀田神社(大阪府河内長野市)

 楠木正成・正行父子の「桜井の別れ」を描いたとみられる大型絵馬が加賀田神社で発見された。 絵師・大西安太郎が描いたものを、明治十五年(1882)の本殿大修理完成時に氏子らが奉納したとみられるという。[産経新聞]...

続きを読む

取掛西貝塚(千葉県船橋市)

 東京湾東岸部最古の史跡・取掛西貝塚で、縄文時代(約1万年前)のイノシシ頭蓋骨7個、シカの上顎(じょうがく)骨3個分が並べられた状態で発見された。 同遺跡では竪穴式住居10軒や土器類、ツノガイ類でつくられたビーズ状の首飾り、ヤマトシジミ主体の貝塚も見つかっているという。[船橋経済新聞]...

続きを読む

藤原京(奈良県橿原市)

 藤原京跡で飛鳥時代の「幄舎(あくしゃ。仮設テント)」跡が発見された。 京域を管轄する役場「京職(きょうしき)」があったとされる場所で、儀礼や事務に使われたとみられるという。[毎日新聞]...

続きを読む

『関東大震画報』を発見(埼玉県羽生市)

 大正十二年(1923)九月一日に発生した関東大震災の約1か月後の十月十日に東京日日新聞(現毎日新聞)が発行した『関東大震画報』が市内で発見され、埼玉県立歴史と民俗の博物館(さいたま市大宮区)に寄贈された。 画報は新聞1頁の半分ほどの大きさで16頁、「首をなくした上野の大仏」「焼けつつある帝劇と警視庁」「数百名の死者を出した川崎の富士紡」「葉山御用邸の被害」など、特に被害の大きかった東京都や神奈川県で建物の倒...

続きを読む

パリオン=パリウム(トルコ)

 古代ギリシャの都市エレトリアまたはパロス島から来た人々によって紀元前709年に造られたパリオンで、約2000年前の陶器の哺乳瓶が発見された。 容量は50~100ml、取っ手と注ぎ口があり、小さなティーポットのような形をしているという。[デイリーサバハ・スプートニク]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村