記事一覧

牽牛子塚古墳≒斉明天皇陵(奈良県明日香村)

 斉明天皇が被葬者であることが確定的な飛鳥時代(7世紀後半)の「牽牛子塚(けんごしづか)古墳」で、古墳の周囲が約50mにわたって土で強固に固められていたことがわかった。 同古墳は尾根上に石を敷き詰めるなどして造られているため、石の荷重に耐えて斜面の崩落も防ぐように大規模工事を施したとみられるという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

文京区小石川一丁目遺跡(東京都文京区)

 文京区小石川一丁目遺跡で弥生時代中期中葉(紀元前2世紀)~同後葉(同1世紀)の川の跡や土器が発見された。 弥生時代の遺跡が低地で出土するのは珍しく、窪地のような場所で弥生式土器などの生活用具が見つかるのは都内で初めてという。[産経新聞]...

続きを読む

林堂洞古墳(韓国・慶尚北道)

 新羅(シンラ)地方の支配層の墓である慶山市の林堂洞(イムタンドン)古墳で殯葬が行われた可能性があることがわかった。 殯葬とは、埋葬前に遺体を喪屋に安置して一定期間執り行われる葬儀で、隋書など中国史書によると、高句麗(コグリョ)と百済(ペクチェ)は3年、新羅は1年かけて殯葬が行われたとされるが、まだ明確な考古学的証拠は発見されていないという。[東亜日報]...

続きを読む

凌源偽人字果(中国・遼寧省)

 凌源市郊外の大王杖子付近で、白亜紀前期(約1億2500万年前)の被子植物の化石「凌源偽人字果」が発見された。 被子植物は白亜紀から登場したが、さらに早い時期から現れた可能性があるという。[光明日報・地質学報・人民日報・BIGLOBEニュース]...

続きを読む

ヘリオポリス(エジプト)

 古代エジプトのヘリオポリスがあったカイロ郊外アイン・シャムス地区で発見された古代のファラオ像が、ラムセス二世ではなく、紀元前7世紀の「プサメティコス一世」である可能性が高いことがわかった。 彫像の背中部分に書かれた4つの古代エジプト文字を解読してわかったという。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村