記事一覧

アンコールワット(カンボジア)

 世界遺産アンコールワットの柱石に刻まれた中国語の「落書き」が、17世紀に書かれたものとわかった。 当初は現在の中国人観光客によるいたずらとの批判が出ていたという。[クメールタイムズ・NNA]...

続きを読む

Electroranalimoae(ミャンマー)

 カチン州で発見された琥珀(こはく)から、白亜紀中期(9900万年前)に生息していた新種のカエル化石が発見された。 熱帯雨林の生態系に生息する世界最古のカエルで、「Electrorana limoae」と名付けられたという。[ミャンマーニュース]...

続きを読む

マンモス(イラン)

 アルデビール州ビーレサヴァール市で200万年前のものと推定されるマンモスのキバとあごの骨と歯の化石が発見された。 体毛がなく、インドゾウに近い種類のもので、似たような化石がアゼルバイジャンでも見つかっているという。[メフル・ParsToday]...

続きを読む

アンコール遺跡(カンボジア)

 太平洋戦争中に東本願寺南方美術調査隊がアンコール遺跡を鮮明に撮影したガラス乾板52枚が都内で発見された。 アンコールワット前に並ぶ隊員や古代の日常生活を表したレリーフなどが写っているという。[共同通信・日本経済新聞]...

続きを読む

パルティア王国時代の貨幣を発見(パキスタン)

 ハイバルパフトゥンハ州でパルティア王国時代の貨幣が発見された。 パルティア王国はアルサケス朝と呼ばれ、シルクロードや王の道とされる東西文明の交易路を掌握していたという。[パーストゥディ]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村