FC2ブログ

記事一覧

聞名寺(京都市左京区)

 聞名寺(もんみょうじ)の「木造阿弥陀三尊像」が鎌倉時代の仏師・行快(ぎょうかい。快慶の一番弟子)の作だったことがわかった。 脇侍の観音菩薩立像と勢至菩薩立像を台座に設置するための「足ほぞ」に、制作者を示す「巧匠 法眼行快」の墨書きが見つかったという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

野村照一の手記を発見(京都府宇治市)

 第二次世界大戦直前の旧日本軍の大失敗の一つに挙げられる「ノモンハン事件」に動員された野村照一さんの遺品から、過酷な従軍体験などを回想した手記が発見された。 日本軍の補給力のなさを指摘したり、日本軍の歩兵が穴に隠れて敵の戦車を待ち、竹の先に付けた地雷を走行用ベルトをねらって差し込んでいたことなどを記しているという。[毎日新聞]...

続きを読む

安国寺遺跡(京都府宮津市)

 小松の安国寺遺跡で奈良時代末期(8世紀)の皇朝十二銭31枚が発見された。 内訳は「和同開珎」1枚、「万年通宝」3枚、「神功開宝」13枚、不明14枚で、15日午前10時から現地説明会があるという。[読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

大久保利通→槇村正直の書簡の写しを発見

 大久保利通が2代目京都府知事となる槇村正直に宛てた書簡の写しが発見され、京都市歴史資料館に寄贈された。 明治天皇が東京に移った事実上の東京遷都後、皇后の東京行きを控え、反対派の説得や議論の沈静化を依頼する内容が記されており、同館で来年1月18日まで開催中のスポット展で紹介されているという。[京都新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

北野天満宮(京都市上京区)

 室町時代に応仁の乱で大部分が途絶えた「北野祭礼」を記録した15世紀前半の文書「御祭礼之事書(おんさいれいのことがき)」など新史料が発見された。 また、同境内を描いた最古の「北野社頭図屏風(きたのしゃとうずびょうぶ)」も見つかり、来年2月23日から京都文化博物館(中京区)で開かれる特別展「北野天満宮 信仰と名宝」で公開されるという。[京都新聞・読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村