記事一覧

市川橋遺跡・内館館(宮城県多賀城市)

 市川橋遺跡で「丈部(はせつかべ)」「矢作部(やはぎべ)」などの姓を持つ七人の名前が記された漆紙文書などが、内館館跡(うちだてたてあと)から中世のものとみられるイノシシ形の素焼きが発見された。 24日午後1時半から遺跡調査報告会が市民活動サポートセンターであり、市内にある遺跡の2016年度発掘調査の成果を紹介する速報展が市埋蔵文化財調査センターで7月末まであるという。[河北新報]...

続きを読む

若柳駅(宮城県栗原市)

 「くりでん」の愛称で親しまれた旧くりはら田園鉄道の駅舎などに使用された19世紀末の欧米製のレールが、旧若柳駅構内で発見された。 1日に開館した「くりでんミュージアム」で展示しているという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

本郷遺跡(宮城県白石市)

 本郷遺跡で奈良~平安時代前半とみられる大型掘立柱建物跡が発見された。 陸奥国苅田(かった)郡の役所関連の施設とみられるという。[河北新報]...

続きを読む

大波剛←→大波みね子の書簡を発見(宮城県大崎市)

 太平洋戦争緒戦の真珠湾攻撃に参加し、日米最後の艦隊決戦となったフィリピン・レイテ沖海戦で戦死した大波剛海軍兵曹長と妻・みね子の往復書簡百数十通が遺族宅で発見された。 妻や子を気遣う夫と、3人の幼子を一人で育てる妻とのやりとりが記されているという。[河北新報]...

続きを読む

原遺跡≒玉前駅家(宮城県岩沼市)

 原遺跡で奈良時代の官庁跡に多く見られる方形の柱穴や、古代の東海地方で作られたと推定される「円面硯(えんめんけん)」が東北地方で初めて発見された。 同地に「玉前駅家(たまさきのうまや)」があった可能性があるという。[読売新聞・]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村