FC2ブログ

記事一覧

多賀城(宮城県多賀城市)

 多賀城跡第1期(創建期)の外郭南門跡から西へ300mにある五万崎地区から、国司クラスが使ったとみられる高級食器の緑釉(りょくゆう)陶器の輪花椀(りんかわん)が発見された。 3日午前10時半から現地説明会があるという。[河北新報]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

岩沼屋(仙台市太白区)

 戊辰戦争の会津出兵で、仙台藩が秋保町の猟師を農兵として動員したことを示す史料が、秋保温泉にある温泉旅館「岩沼屋」の蔵で発見された。 湯元地区などから出向いた11人の戦いや兵糧調達の様子が記録されているという。[河北新報]...

続きを読む

仙台空襲の日記を発見(仙台市太白区)

 約1400人が犠牲になった昭和二十年(1945)の仙台空襲の惨状を当時の小学校教員・村田幸造がつづった日記が遺宅で発見された。 7月9日に米軍機が近づいているとの情報から始まり、10日午前0時15分頃には市内は阿鼻(あび)叫喚のちまたと化し、終戦翌日までが記されているという。[河北新報]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

入の沢遺跡(宮城県栗原市)

 築館にある入の沢遺跡(国史跡)で、大溝で囲まれた古墳時代前期の集落の範囲をほぼ特定された。 南北約90m・東西約145mで、本日午前10時半から現地説明会があるという。[河北新報]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

熊の胆の史料を発見(宮城県登米市)

 市内で秋田県旧荒瀬村(現秋田県北秋田市)に昭和時代初期に実在した「熊の胆(い)」の薬袋やチラシを刷る際に使われたとみられる行商人の名前やクマの絵などが彫られた版木が発見された。 薬袋やチラシを刷る際に使われたとみられるという。[秋田魁新報]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村