記事一覧

伊沢多喜男→小林次郎の手紙を発見(長野県飯綱町)

 貴族院議員や東京市長を務めた伊沢多喜男が、最後の書記官長や初代参議院事務総長などを務めた小林次郎に宛てた手紙68通が町内で発見された。 11月5日まで「いいづな歴史ふれあい館」の特別展で一部公開しているという。[信濃毎日新聞]...

続きを読む

北方西の原遺跡(長野県飯田市)

 北方西の原遺跡で古墳時代中期(5世紀後半)の築造とみられる積石塚3基が発見された。 朝鮮半島からの渡来人の墓ではないかとされる同塚は、大室古墳群(長野市)などで確認されているが、南信地方では初の発見だという。[中日新聞]...

続きを読む

老松場古墳群(長野県伊那市)

 老松場古墳群1号墳が、前方後円墳の可能性が高いことがわかった。 築造年代は5世紀初頭までにさかのぼり、南信地方で最古級の前方後円墳になる可能性も出てきたという。[長野日報]...

続きを読む

山鳥場遺跡(長野県朝日村)

 縄文時代中期(約4500年前)の集落跡とみられる西洗馬の山鳥場(やまとりば)遺跡で、方形の炉内全面に土器片を敷き詰めた石囲い炉が発見された。 廃炉の際の儀式ではないかとの指摘もあるが、土器敷きの意味は分かっていないという。[中日新聞]...

続きを読む

百瀬慎太郎の作品を発見

 国内最古とされる登山ガイド組織「大町登山案内人組合(長野県大町市)」の創設者で、近代登山の先駆者とされる百瀬慎太郎が懐紙に記した短歌3首が、知人の遺族宅で発見された。 3首とも百瀬の遺稿集『山を想へば(1962年)』にはなく、専門家などには知られていなかったという。[中日新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村