記事一覧

小谷城(滋賀県長浜市)

 小谷城跡(国史跡)に戦国大名の浅井三代が暮らしたとされる「御屋敷跡」で石組みの溝と土塁が発見された。 溝は生活排水を流す水路とみられ、21日に現地説明会があるという(午前10時半に小谷城戦国歴史資料館前に集合)。[中日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

紫香楽宮(滋賀県甲賀市)

 信楽町黄瀬の東山遺跡で発見された奈良時代中期の大型建物跡が南北42m超もあったことがわかった。 平城宮(奈良市)にあった中心的な建物などと同規模で、聖武天皇が造営した紫香楽宮(しがらきのみや)の関連施設とみられているという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

大溝城(滋賀県高島市)

 織田信長による琵琶湖水運の一角をなした大溝(おおみぞ)城遺跡で、本丸の南西隅や北端の石垣などが発見された。 本丸は南北57m・東西52mと特定、18日午前10時から現地説明会があるという。[読売新聞・岩手日報]...

続きを読む

永原御殿(滋賀県野洲市)

 徳川家康が築いたとされる江戸時代の将軍家の宿泊所「永原御殿跡」で、本丸の中央部にある部屋「古御殿」跡と、西側にあり望楼や茶室だったとされる「御亭」跡が発見された。 資料から御殿の存在は知られていたが、建物跡が確認されたのは初めてで、17日午後1時半から現地説明会があるという。[京都新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

葛籠尾崎の遺跡(滋賀県長浜市)

 葛籠尾崎(つづらおざき)南側の湖底で、昔の人が湖に投げ入れた可能性のある飛鳥~平安時代の皿形の土器が計七か所で発見された。 水域のさらに南方には、水の神を祭る神社が立つ竹生(ちくぶ)島があり、信仰との関連が推定されるという。[中日新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村