FC2ブログ

記事一覧

見性寺(大阪市東住吉区)

 見性寺にある木造阿弥陀如来坐像は、方広寺(京都市東山区)の大仏などを手掛けた仏師宗印が江戸時代に作ったことがわかった。 像は寄木造で高さ87cm、宗印の銘が入っているのは8例目だという。[デイリースポーツ]...

続きを読む

高殿7丁目所在遺跡(大阪市旭区)

 高殿7丁目所在遺跡で角が生えた人の顔の装飾が付いた古墳時代(5世紀頃)の須恵器が発見された。 国内では同時代に類例がないが、朝鮮半島や中国東北部の古墳壁画に似たモチーフが描かれているという。[毎日新聞]...

続きを読む

滑瀬遺跡(大阪府泉南市)

 滑瀬遺跡で弥生時代後期(1世紀)の硯(すずり)片とみられるものが発見された。 弥生~古墳時代前期の硯は北部九州を中心に50例超確認されているが、大阪府で見つかるのは初めてだという。[秋田魁新報]...

続きを読む

木津川灯台(大阪市住之江区)

 「幻の灯台」と呼ばれた明治時代初期の木津川灯台の写真2枚が大阪市大が管理する資料の中から発見された。 昨年11月の絵葉書に続く発見で、今回は白地に黒線の「しま模様」も確認されたという。[毎日新聞]...

続きを読む

飯盛城(大阪府大東市・四條畷市)

 戦国武将・三好長慶が居城とした飯盛城跡で、広い範囲を覆う石垣が発見された。 長慶が石垣を多用する築城を織田信長よりも先んじて計画実行していたことの現れだという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村