記事一覧

ナイカ鉱山(メキシコ)

 チワワ州にあるナイカ鉱山で、最長6万年にわたってセレナイトの結晶内部に閉じ込められていた生きた微生物が発見された。 亜硫酸塩・マンガン・酸化銅などを摂取して生きられるように進化しており、これまでに約100種類が見つかったという。[AFP=時事通信]...

続きを読む

ヌブアギツクスプラクラスタルベルト(カナダ)

 38億~43億年前に地球に生命が存在したことを示す直接的な証拠がケベック州のヌブアギツク・スプラクラスタル・ベルトで発見された。 見つかったのは、鉄を食べる海生バクテリアによって形成された糸状構造と赤い管の化石だという。[ネイチャー・AFP]...

続きを読む

国立チャーチル博物館(アメリカ・ミズーリ州)

 戦中の英国首相ウィンストン・チャーチルが太陽系の外に生命体が存在する可能性を予見していた随筆「われわれは宇宙の中で孤独なのか」が国立チャーチル博物館で発見された。 1939年の第二次大戦直前に草稿が書かれた後、1950年代に更新されたものだという。[ロイター]...

続きを読む

プルーストの映像を発見(カナダ)

 長編小説『失われた時を求めて』で知られるフランスの文豪マルセル・プルーストの映像がカナダで発見され、仏研究誌「ラ・ルビュ・デチュード・プルースティエンヌ」のウェブサイトで公開された。 友人の結婚式で映ったもので、彼の写真は何枚か現存するが、映像が見つかったのは初めてだという。[AFP=時事通信]...

続きを読む

カーネギー自然史博物館(アメリカ・ペンシルベニア州)

 カーネギー自然史博物館に展示されているライオンの襲撃を再現した150年前のジオラマ「ヒトコブラクダを襲うライオン」の人物像の頭部に、本物の頭蓋骨が使われていることがわかった。 ジオラマの作者エドワール・ヴェローは、1830年にアフリカの部族民を剥製にしたことで悪名を馳せた人物だという。[ナショナルジオグラフィック]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村