記事一覧

若杉山遺跡(徳島県阿南市)

 若杉山遺跡にある坑道とみられる横穴から、弥生~古墳時代に採掘していた赤色の顔料「水銀朱」の原料となる鉱石「辰砂(しんしゃ)」や、辰砂を砕いたとみられる石器の破片が発見された。 10日午後1時半から阿南市文化会館で講演会を開くという。[共同通信・日本経済新聞・読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

八桙神社(徳島県阿南市)

 長生町宮内にある八桙(やほこ)神社が所蔵する平安時代の書物「紙本墨書二品家政所下文附紺紙金泥法華経八巻(しほんぼくしょにほんけまんどころくだしぶみつけたりこんしきんでいほけきょう。国重文)」の金泥文字に真鍮(しんちゅう)が含まれていることがわかった。 真鍮が国内で普及したのは江戸時代以降というのが定説で、法華経も金粉を用いて書かれたとされてきたという。[徳島新聞]...

続きを読む

井ノ元遺跡(徳島県石井町)

 古代阿波国の中心地域とされる石井の井ノ元遺跡で、古墳時代前期のものとみられる祭祀(さいし)用の土器が大量に発見された。 本日午後1時半から現地説明会があるという。[毎日新聞・徳島新聞]...

続きを読む

永正津波の原因が判明

 徳島県南部で多数の死者を出した1512年の「永正津波」は、海底の地滑りが原因で局地的に起きた可能性が高いことがわかった。 宍喰地区沖にある高さ約400mの崖がそれによってできたものだという。[朝日新聞・TEAM防災ジャパン]...

続きを読む

戦前の阿波踊りを描いた掛け軸を発見(徳島県美馬市)

 大正時代後期~昭和時代初期の阿波踊りを描いた掛け軸「阿波盆踊図」が発見された。 作者は高原雅洲とみられ、110×40cm、15日まで徳島市立木工会館の阿波踊りグッズコーナーで公開しているという。[徳島新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村