記事一覧

上野国分尼寺(群馬県高崎市)

 奈良時代に聖武天皇の詔によって建てられた上野国分尼寺跡で、尼が日常生活を送る宿舎の尼坊跡が発見された。 全国の他の尼坊と比べても大きく、20日午前9時半から現地説明会があるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

金島小(群馬県渋川市)

 金島小で日清戦争(1894-1895)の様子を描いた錦絵115枚が発見された。 小林清親や従軍者中川らが描いたもので、金島ふれあいセンターで26日まで公開されているという。[毎日新聞]...

続きを読む

三郷小(群馬県伊勢崎市)

 三郷小校長室にある同校出身の鋳金工芸家・森村酉三(もりむらとりぞう)作の新田義貞像が、義貞戦没600年に当たる1938年に同校に寄贈されたことがわかった。 稲村ケ崎で剣を投じて祈る場面のこれと同じ銅像は群馬大附属小にもあり、他にも寄贈された小学校がある可能性が高いという。[上毛新聞]●新田義貞稲村ヶ崎渡渉伝説●...

続きを読む

道之助→おげんの離縁状を発見(群馬県太田市)

 江戸時代の安政五年(1858)七月に子供がいないことを理由に夫・道之助が妻・おげんに渡した「三行半(みくだりはん。離縁状)」が発見され、群馬県立文書館(前橋市)に寄託された。 書かれていた理由としては異例のもので、夫はよほど子供が欲しかったとみられるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

高崎競馬場遺跡(群馬県高崎市)

 高崎競馬場遺跡で弥生時代中期後半(約2000年前)の環濠(かんごう)集落から、本来土器に施されるはずの文様が刻まれた石製品が発見された。 土器の文様が彫られた石製品の出土は県内初だが、作られた経緯や目的は不明という。[上毛新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村