記事一覧

荒船風穴≦富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県下仁田町)

 世界文化遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産の一つ、荒船風穴にあった蚕の卵の貯蔵所を描いた油絵が保管庫から発見された。 大正六、七年(1917-1918)に庭屋千寿(静太郎)が制作されたとみられ、21日まで下仁田町歴史館で公開するという。[毎日新聞]...

続きを読む

韮塚直次郎製糸場≦富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県富岡市)

 富岡製糸場の東側に位置している長屋が、「韮塚直次郎製糸場(韮塚製糸場)」だったことがわかった。 床下に繰糸(そうし)器を置いた跡があったことや、韮塚家の名前が記された皿が見つかった点などから特定したという。[上毛新聞]...

続きを読む

臨江閣別館(群馬県前橋市)

 市内を代表する近代和風建築「臨江閣別館」の基礎下や庭園の地中かられんがの遺構が発見された。 明治十七年(1884)の本館建設時の記録には建物の存在はなく、同年以前に造られ、既に遺構となっていたと推定されるという。[上毛新聞]...

続きを読む

木暮俊庵宅(群馬県高崎市)

 江戸時代末期の蘭方医・木暮俊庵の旧宅で、当時使われたとみられる医療器具が発見された。 俊庵は上州の地で高野長英の最初の門下生だったと伝えられ、中之条町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」で開催中の長英の企画展で30日まで公開されているという。[読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

七輿山古墳(群馬県藤岡市)

 六世紀前半につくられた前方後円墳・七輿山(ななこしやま)古墳で、横穴式石室が発見された。 墳丘の構造が3段築成で、全長約150m超だったことも判明したという。[東京新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村