記事一覧

朝酌菖蒲谷遺跡(島根県松江市)

 朝酌菖蒲谷遺跡で古墳時代前期のものとみられる土器の破片や、奈良時代の集落跡が発見された。 遺跡の北側からは土器を埋めた穴3個もみつかり、出土した土器片は乳児などを埋葬する棺の可能性があるという。[読売新聞・毎日新聞・城彩]...

続きを読む

灰火山=峰山(島根県奥出雲町)

 奈良時代に編纂(へんさん)された『出雲国風土記』に登場する「灰火山(はいびやま)」が、奥出雲町にある峰山だったことがわかった。 戦国時代の1502年に書かれた文書『灰火山社記』にある記述で判明したという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

八幡才太郎の記録を発見(島根県隠岐の島町)

 隠岐の島町に住んでいた八幡才太郎が残した竹島関連資料が発見された。 1897年頃に親戚の石橋松太郎が竹島でアシカ猟をしていた記述があるという。[京都新聞]...

続きを読む

平ノ前遺跡(島根県大田市)

 静間町にある弥生時代後期~奈良時代の集落跡「平ノ前遺跡」で、装飾品「金銅製歩揺付空玉(こんどうせいほようつきうつろだま)」が発見された。 県内出土は鷺の湯病院跡横穴墓群1号(安来市)に次いで2例目で、朝鮮半島からの渡来した可能性があり、10日まで古代出雲歴史博物館(出雲市)で公開されているという。[読売新聞]...

続きを読む

松江歴史館(島根県松江市)

 松江歴史館が所蔵する江戸時代の城の絵図集「極秘諸国城図(ごくひしょこくしろず)」に、国宝松本城(長野県松本市)、上田城(上田市)、高島城(諏訪市)、飯山城(飯山市)、小諸城(小諸市)の絵図が含まれていることがわかった。 このうち松本城は1630年代~1725年頃までの絵図とみられ、最古級の可能性があるという。[信濃毎日新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村