記事一覧

石見銀山(島根県大田市)

 石見銀山の標本資料が山師の中の要職「山組頭(やまくみがしら)」や、銀山町の運営に当たる「町年寄」を務めた家系の家屋で発見された。 山組頭は、代官所と山師との取り次ぎの立場にあったため、代官や幕府の役人に対して説明する際の見本として作った可能性があるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

波迦神社(島根県出雲市)

 斐川町の波迦(はか)神社で、奈良時代に編纂(へんさん)された『出雲国風土記』の記述を引用したとみられる戦国時代の天文二十年(1551)の棟札が発見された。 棟札に「この社の峯に天降り坐して」と墨書されている点が、風土記の「其の山の峰に天降り坐しき」という記述と酷似しており、同書を踏まえて書かれた可能性が高く、5日まで出雲弥生の森博物館で公開しているという。[産経新聞・毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「...

続きを読む

朝酌菖蒲谷遺跡(島根県松江市)

 朝酌菖蒲谷遺跡で古墳時代前期のものとみられる土器の破片や、奈良時代の集落跡が発見された。 遺跡の北側からは土器を埋めた穴3個もみつかり、出土した土器片は乳児などを埋葬する棺の可能性があるという。[読売新聞・毎日新聞・城彩]...

続きを読む

灰火山=峰山(島根県奥出雲町)

 奈良時代に編纂(へんさん)された『出雲国風土記』に登場する「灰火山(はいびやま)」が、奥出雲町にある峰山だったことがわかった。 戦国時代の1502年に書かれた文書『灰火山社記』にある記述で判明したという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

八幡才太郎の記録を発見(島根県隠岐の島町)

 隠岐の島町に住んでいた八幡才太郎が残した竹島関連資料が発見された。 1897年頃に親戚の石橋松太郎が竹島でアシカ猟をしていた記述があるという。[京都新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村