記事一覧

宇和島城(愛媛県宇和島市)

宇和島城南側の日本たばこ産業宇和島営業所跡地で、江戸時代に大工職人らが城や伊達家の御殿など藩の建築資材を営繕していた「作事所(さくじしょ)」跡が発見された。 くぎや加工木材のほか、鍛冶炉とみられる土の焼けた跡などが見つかり、作事所での具体的な作業が分かる史料だという。[愛媛新聞]...

続きを読む

松山城(愛媛県松山市)

 松山城天守閣の鬼瓦原寸図が今治市内で発見された。 時代は不明だが、発見者の祖父は菊間瓦の鬼師だったという。[愛媛新聞]...

続きを読む

愛媛県歴史文化博物館(愛媛県西予市)

 愛媛県歴史文化博物館で明治時代初期にポルトガル領事が松山藩知事に贈った懐中時計が発見された。 松山市の個人から寄贈されたもので、幕末に松山藩が軍艦を購入した経緯や、ポルトガル領事との深いつながりを示す貴重な史料だという。[愛媛新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

夏目漱石→正岡子規の書簡を発見

 夏目漱石が明治二十八年(1895)五月二十六日付で療養中の正岡子規に宛てた直筆書簡3通が発見された。 文面は「漱石全集」に収録されているが、実物は専門家の間でも長年確認されていなかったもので、「小子近頃俳門に入らんと存候御閑暇の節は御高示を仰ぎ度候」「本格的に俳句をやりたいので見てほしい」との内容だという。[朝日新聞]...

続きを読む

豊臣秀吉→堀尾吉晴らの書状を発見(愛媛県)

 本能寺の変の後に京都を治めていた豊臣秀吉が、治安を回復するために進めてきた略奪品の返却を諦める内容を記した書状が新たに発見された。 当初秀吉は、明智軍が略奪した品々を元に持ち主に返すつもりでいたが、返品作業をしていた家臣が着服していたため、返すのをあきらめたという。[NHK]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村