記事一覧

金胎寺(三重県鳥羽市)

 江戸時代に鳥羽藩の商業地として栄えた金胎寺(こんたいじ)の庫裏で、正月に町の祭事などを担った祷屋(とうや)と呼ばれる有力者の会合「祷屋祭」で出された料理の絵図が発見された。 アワビなど地元特産の魚介類がふんだんに使われた豪勢な料理は17膳35種類に及ぶという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

斎宮(三重県明和町)

 斎宮跡で古墳~飛鳥時代の竪穴建物跡などが新たに発見された。 規模は約1.3×1.3m、住居ではなく倉庫などとみられるという。[中日新聞]...

続きを読む

四日市海上保安部(三重県四日市市)

 明治~昭和時代初期にかけて四日市港にともされた灯台「四日市燈台(とうだい)」を捉えた写真が、四日市海上保安部で発見された。 四日市港の近代化の歴史や発展を語る貴重な資料のため、写真を基に詳細な図面を復元し、ペーパークラフトも作製したという。[読売新聞]...

続きを読む

神宮寺(三重県多気町)

 丹生山神宮寺の仁王門が寛永十三年(1636)に再建されていたことがわかった。 小屋組と呼ばれる屋根裏から棟札が見つかったという。[毎日新聞]...

続きを読む

立見尚文→諸戸清六の手紙を発見(三重県桑名市)

 元桑名藩士で陸軍大将の立見尚文が日露戦争の激戦地から、交流のあった木曽岬町出身の山林王・初代諸戸清六に送った手紙10通が発見された。 激戦の様子を記し、防寒具をもらった礼などをつづっているという。[読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村