記事一覧

牧野植物園(高知県高知市)

 高知県立牧野植物園で、明治~大正時代の「山陽新報(「山陽新聞の前身」)」の紙面11枚が発見された。 植物学者・牧野富太郎が調査の過程で手に入れ、集めた植物を保存するためのカバーにしていたとみられるという。[山陽新聞]...

続きを読む

武市半平太の史料を発見(高知県高知市)

 尊皇攘夷を唱えた幕末の志士・武市半平太(瑞山)が、後の「土佐勤王党」の一員となる志士などが通った剣術道場を開いた後、田畑などを売ったことを示す直筆の証文が発見された。 資金は道場運営などに充てたとみられ、当時の状況を物語る貴重な資料だという。[NHK]...

続きを読む

竹ノ後遺跡(高知県南国市)

 竹ノ後遺跡で弥生時代末期(約1800年前)の水路跡から漆を入れていたつぼが発見された。 県内初の発見だという。[高知新聞]...

続きを読む

朝倉城(高知県高知市)

 朝倉城跡で新たな発掘成果があった。 23日午後1時半から現地説明会があるという。[高知市]...

続きを読む

若宮ノ東遺跡(高知県南国市)

 若宮ノ東遺跡の平安時代の建物跡で、「作」という文字が刻まれた花のような形状の土器の皿が発見された。 地鎮の願いを込めて埋められたとみられ、県内で初の発見だという。[高知新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村