記事一覧

明応の日向灘地震はなかった

 室町時代の明応七年(1498)に九州で発生したとされる「日向灘地震」は、実際には存在しなかった可能性が高いことがわかった。 同地震は江戸時代の読み物『九州軍記』に記載があり、理科年表でもマグニチュード7~7.5の地震があったとされてきたという。[朝日新聞]...

続きを読む

御池(宮崎県都城市・高原町)

 御池(みいけ)で旧日本軍のものとみられる手りゅう弾9個が発見された。 終戦直後に投棄されたとみられ、現在も相当数が水中に残っている可能性があるという。[読売新聞]...

続きを読む

日向国府(宮崎県西都市)

 日向国府跡で役所跡とみられる柱穴が発見された。 本日午後1時半から現地説明会があるという。[毎日新聞]...

続きを読む

法華嶽薬師寺(宮崎県国富町)

 法華嶽薬師寺にある板絵4面が、県内最古の絵とみられることがわかった。 仏教の世界を守る「十二神将」の特徴を示す神々が描かれた仏画で、「永禄六年(1563)」との墨書が背面に確認され、戦国大名伊東氏の祈願寺だった時代に奉納されたとみられるという。[宮崎日日新聞]...

続きを読む

島内139号地下式横穴墓(宮崎県えびの市)

 島内139号地下式横穴墓で発見された大刀「銀装円頭大刀」に、6世紀前半のものとみられる日本最古の柄が使われていたことがわかった。 エイの皮を用いた構造で、11月1日からえびの市歴史民俗資料館で始まる企画展で一般公開されるという。[MRT宮崎放送]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村