記事一覧

山王神社(長崎県長崎市)

 山王神社地中から炭化した木片が発見された。 市天然記念物の「被爆クスノキ」の根とみられ、被爆時に地表に露出していた可能性もあるという。[西日本新聞]...

続きを読む

原爆投下直後の国鉄史料を発見

 原爆が投下され壊滅的な被害を受けた長崎の中心部で、当時の国鉄の線路の復旧に当たった責任者の手記が発見された。 陸軍の支援を受けて被爆から3日後に長崎駅発着の列車の運行を再開していたことなど、当時の詳しい状況が記載されているという。[NHK]...

続きを読む

端島=軍艦島(長崎県長崎市)

 世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産、端島(軍艦島)の昭和時代の建設工事を写した写真が発見された。 軍艦島での工事の様子はこれまであまり明らかになっておらず、今後の保存修復に活用できるとみられるという。[朝日新聞]...

続きを読む

外海の出津集落(長崎県長崎市)

 2018年の世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「外海の出津集落」の墓地で、潜伏キリシタンのものとみられる人骨が発見された。 同集落が潜伏キリシタンの集落であったことを示す有力な物証だという。[長崎新聞]...

続きを読む

山王神社(長崎県長崎市)

 坂本にある山王神社で黒く炭化した地層が発見された。 長崎原爆で被害を受けた建物などの痕跡である可能性があるという。[西日本新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村