記事一覧

ハドロサウルス(長崎県長崎市)

 長崎半島の三ツ瀬層で白亜紀後期(約8100万年前)の恐竜の歯の化石が計35点が発見された。 イグアノドン類の中でも進化したタイプのハドロサウルス上科のものとみられるという。[時事通信]...

続きを読む

崎方公園≧伝按針墓立碑(長崎県平戸市)

 徳川家康の外交顧問を務め、英国商館の開設にも関わった英国人・三浦按針(ウィリアム・アダムス)の埋葬地とされる崎方公園にある「伝按針墓立碑」周辺で、長方形の墓穴とくぎと人骨入りの壺が発見された。 西洋人がの移送された可能性が高く、本日午前10時から発掘現場の一部を公開するという。[長崎新聞・読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

端島炭坑=軍艦島(長崎県長崎市)

 世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である「端島炭坑(軍艦島)」で「ドルフィン桟橋」を建設している昭和三十年代の写真が発見された。 ドルフィン桟橋は海中に造成した人工島に橋を渡した離岸式桟橋で、悪天候でも船が接岸できる利点があり、昭和二十九年(1954)に国内で初めて軍艦島に整備されたという。[長崎新聞]...

続きを読む

三浦按針の墓(長崎県平戸市)

 イギリス商館の開設にも関わった三浦按針(ウィリアム・アダムス)の墓と伝わる大久保町の崎方公園にある石碑周囲で、骨片とつぼが発見された。 2020年の按針没後400年を前に、石碑が本当に按針の墓かどうかを調べているという。[朝日新聞]...

続きを読む

宇土山(長崎県島原市)

 宇土山に島原城築城時に石垣の石を調達した場所「石切丁場(いしきりちょうば)」があったことがわかった。 斜面を幅最大十数メートルにわたり人工的に掘り進んだ形跡が複数箇所で見つかったという。[西日本新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村