記事一覧

市之郷遺跡(兵庫県姫路市)

 弥生時代~中世の集落遺跡「市之郷遺跡」で、弥生時代中期(1世紀頃)とみられる方形周溝墓や壺や甕(かめ)などが発見された。 集落のリーダー的存在の人物が埋葬されていたとみられ、本日午後1時から現地説明会があるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

万籟山古墳(兵庫県宝塚市)

 4世紀前半の前方後円墳・万籟山古墳の全長が64m、高さ8.7mとわかった。 古墳時代前期では畿内北西部の猪名川流域で最大級の規模という。[産経新聞]...

続きを読む

桑原の城(兵庫県朝来市)

 和田山町桑原の山陰道に面する尾根上で戦国時代の山城が発見された。 主郭部分は35×13m、主郭の周りの斜面は人工的に削って急角度にする「切岸(きりぎし)」が用いられ、主郭を囲むように平らにならした「帯曲輪(くるわ)」もあり、尾根続きの山頂には、戦いで最後にこもる「詰め城」とみられる山城遺構もあるという。[神戸新聞]...

続きを読む

住吉宮町遺跡(神戸市東灘区)

 住吉宮町遺跡で、5世紀初頭とみられる築造当時と同じ状態で埴輪(はにわ)が残る古墳が発見された。 古墳上部の木棺跡から鏡、勾玉(まがたま)が見つかり、中央政権とつながりがあった有力者が埋葬されていたと推測されるという。[神戸新聞]...

続きを読む

吸谷廃寺(兵庫県加西市)

 吸谷(すいだに)廃寺で、塔を支える心柱の礎石「塔心礎」が地下に埋設した状態で発見された。 こうした状態で見つかるのは県内で2例目だという。[神戸新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村