記事一覧

甲斐山岳会の幻の会報を発見(山梨県甲府市)

 1928年に発刊された甲斐山岳会の会報「山」第4号が市内で発見された。 会報は1~4号が刊行されたが、戦時中に焼失するなどしたため第4号だけ現物が確認されていなかったという。[山梨日日新聞]...

続きを読む

馬場氏の遺構(山梨県北杜市)

 白州町白須で戦国時代とみられる建物跡や土器片などが発見された。 武田信玄に仕えた馬場氏の遺構である可能性があるという。[山梨日日新聞]...

続きを読む

雁ノ穴(山梨県富士吉田市)

 富士山の火口が確認されている「雁ノ穴(がんのあな)」付近で溶岩が流れた痕跡にあたる「岩脈」が発見された。 古墳時代(5~7世紀)のものだという。[毎日新聞]...

続きを読む

山中湖(山梨県)

 山中湖湖底の堆積物を調べたところ、富士山噴火の影響で約1000~2000年前の間に2回にわたり、植生が壊滅的な被害を受けたことが明らかになった。 植生が焼失した後の数十年から数百年は、ススキなどの草原が生い茂っていたとみられることもわかったという。[毎日新聞]...

続きを読む

於曽屋敷(山梨県甲州市)

 於曽屋敷があった於曽公園で、堀跡や石組遺構などが発見された。 29日午前10時から現地説明会があるという。[甲州市]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村