記事一覧

1800万年前の珪化木を発見(岐阜県可児市)

 二野で発見された約1800万年前の火山灰で埋まった木の化石「珪化木(けいかぼく)」が国内最大級とわかった。 ニレ科の落葉広葉樹で、大きさは直径約2m・長さ約16m、露出していた長さ約4m分が教材にするために市内の東明小に移設されたという。[岐阜新聞]...

続きを読む

エゾイガイ(岐阜県瑞浪市)

 市内で1700万年前に生息していたムール貝の仲間「エゾイガイ」の化石28個が発見された。 長さ各約15cm、複数の貝が生きていた状態と同じように密着して見つかっており、世界的にも珍しい化石標本だという。[毎日新聞]...

続きを読む

大谷吉継の墓(岐阜県関ケ原町)

 関ケ原の戦いで敗死した大谷吉継の墓に戒名と没年月日が彫られていたことがわかった。 五輪塔の最下部に「前刑部□□□□大禅定門」「□時慶長五年」「九月十五日」などと彫られており、領地だった永賞寺(福井県敦賀市)の資料などにある戒名「渓広院殿前刑部卿心月白頭大禅定門」と文字や文字数が異なる可能性が高いという。[中日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

蓮野古墳・杉洞一号墳・夕田茶臼山古墳(岐阜県富加町)

 夕田地区にある蓮野古墳と杉洞一号墳と夕田茶臼山古墳は、弥生~古墳時代にかけて、一代に一つずつ築かれた首長の墓群とみられることがわかった。 本日午後1時半から現地説明会があるという。[中日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

一式戦闘機=隼(岐阜県各務原市)

 太平洋戦争中の陸軍一式戦闘機「隼(はやぶさ)」のものとみられるエンジン部品が市内で発見された。 エンジンを固定し、機体に取り付けるための「エンジンマウント」と呼ばれる特殊金属でできたフレームで、二式複座戦闘機「屠龍(とりゅう)」のものの可能性もあるという。[岐阜新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村