記事一覧

ヒゲクジラ(北海道大樹町)

 大樹町の歴舟(れきふね)川の川床で発見されたクジラの化石が、新属・新種のヒゲクジラ類だったことがわかった。 1991年当時の専門家調査では、現代のヒゲクジラに近い種と推定されたが、新種との判断には至らなかったという。[北海道新聞]...

続きを読む

ティラノサウルス(北海道芦別市)

 市内にある白亜紀後期(8630万~8980万年前)の地層から、恐竜の椎骨の化石が発見された。 形状などから肉食恐竜ティラノサウルス類の可能性が高いという。[時事通信]...

続きを読む

道内の亀ケ岡式土器に青森県産の土(北海道)

 北海道の道央、道東で発掘された複数の亀ケ岡式土器に使われた土の中に、青森県内の火山から噴出し、津軽一円に降り積もった火山灰の成分が含まれていたことがわかった。 津軽地方で作られた縄文土器が、津軽海峡を越えて北海道内各地へ運ばれていたことが、初めて科学的に証明されたことになるという。[東奥日報]...

続きを読む

アロデスムスウライポレンシス(北海道浦幌町)

 浦幌町の川で発見された骨の化石が、約1500万年前に生息していたアザラシの仲間の新種だったことがわかった。 約1000万年前に絶滅したとされるデスマトフォカ科アロデスムス属の一種で、「アロデスムス・ウライポレンシス」と命名されたという。[ロイター・共同通信]...

続きを読む

カムイタプコプ下遺跡・有珠4遺跡(北海道伊達市)

 カムイタプコプ下遺跡と有珠4遺跡に堆積した1663年有珠山噴火の火山灰の中に、火砕流によるものが含まれていることがわかった。 また、この火砕流によって、当時同地区にあったアイヌの集落が壊滅したことも明らかになったという。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村