記事一覧

ユーボストリコセラスヴァルデラクサム(北海道羽幌町・三笠市)

 羽幌町・三笠市で見つかったアンモナイトの化石が、ともに白亜紀後期(約8360万年前)の新種だったことがわかった。 ラテン語で「かなり緩い巻き髪」を意味する「ユーボストリコセラス・ヴァルデラクサム」と名付けられ、15日から三笠市立博物館で展示するという。[読売新聞]...

続きを読む

戦中の日本軍の塹壕を発見(北海道苫小牧市)

 太平洋戦争末期、日本軍が米軍の上陸に備えて造った大規模な塹壕(ざんごう)が柏原の苫小牧東部工業地域(苫東)で発見された。 米軍が飛行場のある千歳を経て札幌に侵攻する可能性を考慮し、陸軍第77師団(通称稔部隊)が苫小牧や厚真の海岸沿い一帯を防衛ラインに定めたという。[苫小牧民報]...

続きを読む

根室空襲の資料を発見(北海道根室市)

 昭和二十年(1945)七月の根室空襲で米軍に撃沈されて全員死亡とされていた軍の徴用船「東裕(とうゆう)丸」の乗組員のうち、5人は生存していたことがわかった。 根室空襲研究会(細川憲了会長)が資料を確認するとともに、市民らに情報提供を求めているという。[釧路新聞]...

続きを読む

パドロサウルス(北海道むかわ町)

 むかわ町で発見された白亜紀後期(約7200年前)ハドロサウルス科の恐竜が全長約8mだったことがわかった。 国内で発見された恐竜の全身骨格としては最大だという。[NHK]...

続きを読む

偕楽園緑地(札幌市北区)

 ドイツから返還されるアイヌ民族の遺骨が、偕楽園緑地周辺にかつてあったアイヌ集落(コタン)から盗掘されていたことがわかった。 1882年にドイツで発行された学術雑誌に「カイラクエン」の名称が記されていたという。[北海道新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村