FC2ブログ

記事一覧

原民喜の遺書を発見(北海道)

 広島での被爆体験をつづった小説『夏の花』で知られる作家・原民喜の新たな遺書が発見された。 原の文学仲間だった詩人・長光太に宛てたもので、「これが君におくる最後の手紙です」「為しとげなかつた文学の仕事や数々の心の傷手が僕にとつて残念だらうか」「長光太は長生してくれ」などと記されているという。[秋田魁新報]...

続きを読む

大正時代の支笏湖の写真を発見

 大正時代に北海道大助教授・小久保清治が撮影した支笏湖や樽前山の写真10点が発見された。 湖や山などの自然、人々の様子が当時の写真機の記録媒体だったガラス乾板にモノクロで鮮明に捉えられているという。[苫小牧民報]...

続きを読む

王子軽便鉄道の資料を発見(北海道苫小牧市)

 王子町の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(山線)に関する資料約300点が発見された。 詩人・斉藤征義が千歳観光連盟観光振興課長時代に集めたものとみられるという。[苫小牧民報]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

戦後占領期の教科書を発見(北海道苫小牧市)

 終戦直後の戦後占領期に、国家主義や戦意を高揚させる記述などが墨で塗りつぶされた教科書が沼ノ端中央で発見された。 見つかったのは昭和十八年二月二十八日付で文部省が発行した小学5年生用の国語の教科書「初等科國語 五」で、墨塗りが確認されたのは20の挿話中8話計71頁、全体の5割に当たるという。[苫小牧民報]...

続きを読む

キウス周堤墓群(北海道千歳市)

 キウス周堤墓群(国史跡)の周辺で新たに周堤墓が発見された。 史跡を構成する周堤墓は従来の8基から9基に増え、史跡範囲も拡大されるという。[苫小牧民報]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村