記事一覧

鶴ケ城=若松城(福島県会津若松市)

 鶴ケ城北側に位置する東栄町の江戸時代初期までに埋められた区画溝から、五輪塔などの多数の加工石材、周辺から人骨を伴う土抗墓3基が発見された。 中世に会津を治めた葦名氏時代の寺院跡とみられるという。[福島民友新聞]...

続きを読む

キルトスピリファー(福島県南相馬市)

 合ノ沢層で発見された古生代デボン紀後期(3億8270万~3億5859万年前)に生息した二枚貝に似た腕足類の化石が、新種の可能性が高いことがわかった。 「キルトスピリファー属」の一種で県内最古の化石とみられ、9月18日まで福島県立博物館(会津若松市)の企画展「ふくしま 5億年の自然史」で公開しているという。[河北新報]...

続きを読む

猪苗代湖(福島県)

 猪苗代湖で2万年前に巨大地滑りが起きていたことがわかった。 湖底の土砂が直下型地震の揺れで大量に動き、湖岸を津波が襲った可能性が高いという。[産経新聞]...

続きを読む

川原田遺跡(福島県桑折町)

 川原田遺跡で平安時代(10世紀頃)の緑釉(りょくゆう)陶器片が発見された。 緑釉陶器の生産地は京都周辺や愛知県などで、東北地方での出土は珍しいという。[福島民報・gooニュース]...

続きを読む

塚前古墳(福島県いわき市)

 小名浜にある塚前古墳が全長が最大120mの前方後円墳と推定され、古墳時代後期(6世紀)では東北最大であることがわかった。 測量や発掘調査、明治時代の地図に照らしたわかったことで、当時、東北地方に大和政権とつながりのある有力な首長がいたことを示すものだという。[産経新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村