記事一覧

横井南原遺跡(香川県高松市)

 香南町の横井南原(よこいなんばら)遺跡で弥生時代後期(約2000年前)の周溝墓(しゅうこうぼ)跡や江戸時代後期の溝跡が発見された。 6日午前10時半から現地説明会があるという。[香川県]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

横井南原遺跡(香川県高松市)

 横井南原(よこいなんばら)遺跡で弥生時代後期(約2000年前)の周溝墓(しゅうこうぼ)跡や江戸時代後期の溝跡が発見された。 8月6日午前10時半から現地説明会があるという。[香川県]...

続きを読む

伊藤若冲の作品を発見(香川県丸亀市)

 金刀比羅宮奥書院の「花丸図」など細密な動植物画で知られる江戸時代中期の画家・伊藤若冲が墨画で描いた双幅の掛け軸が市内で発見された。 各縦116×50cm、雌鳥(めんどり)がひなを育てている絵と、雄鳥(おんどり)が見守っている絵だという。[四国新聞・47ニュース]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

讃岐国府(香川県坂出市)

 府中町にある讃岐国府跡で、建物を規格的に配置した跡が発見された。 複数の建物が基準線に沿って並ぶように建てられており、国府の中心の「政庁」や行政実務を行う「国衙(こくが)」など重要施設の可能性があるという。[四国新聞・47ニュース]...

続きを読む

菊池寛の原稿を発見

 雑誌『文芸春秋』を創刊し、芥川・直木賞を設けるなど「文壇の大御所」と呼ばれた作家・菊池寛が、女性の悩みに東京日日新聞(現毎日新聞)紙上で答えた際の原稿が発見された。 夫への不満をぶちまける相談者をなだめ、「新聞を読んでいれば何とかなる」と、締めくくった内容で、菊池寛記念館(香川県高松市)ののコレクション展「寛先生に聞いてみよう!」で3月24日まで展示しているという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュース...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村