FC2ブログ

記事一覧

本正信蔵の手記を発見(岩手県花巻市)

 宮沢賢治の幼なじみ・本正信蔵が賢治の幼少期を回想した手記が発見され、岩手大宮沢賢治資料室が冊子にまとめて刊行した。 本正は小学校では賢治の1学年先輩で、旧制盛岡中(現盛岡一高)では同級生で、賢治の印象について「幼年の頃からオットリした温順なしい、そして遊び方も乱暴な遊びは出来ない性質であった」とあるという。[朝日新聞]...

続きを読む

富雄丸山古墳(奈良県奈良市)

 4世紀後半に築造された円墳・富雄丸山古墳の直径が約109mだったことがわかった。 国内最大の円墳だった丸墓山古墳(埼玉県行田市。直径105m)を上回るもので、26日午前10時から現地説明会があるという。[読売新聞・産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

菅江真澄の資料を発見(岩手県平泉町)

 江戸時代後期の国学者・菅江真澄に関する資料が腸内で発見された。 1786年に中尊寺で開かれた藤原秀衡六百回忌に寄せられた漢詩や和歌などを記した『秀公六百霜懐旧志』と題された冊子だという。[岩手日報]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

アケボノゾウ(岩手県一関市・平泉町)

 舞川と平泉で約200万年前に生息していたとされる古代ゾウ「アケボノゾウ」の足跡化石が発見された。 これまでに奥州市前沢の白鳥川周辺などで発見されているが、奥州市よりも南での発見は初めてだという。[岩手日報]...

続きを読む

専念寺(岩手県奥州市)

 前沢山下の専念寺にある木造阿弥陀如来坐像が、平安時代後期(11世紀後半~12世紀)に作られたものだとわかった。 カツラを使った一木造で高さ73cm、奥州藤原氏時代の前に作られた可能性があるという。[岩手日報]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村