FC2ブログ

記事一覧

小倉城(北九州市小倉北区)

 戦国武将の細川忠興が1602年に築城した小倉城の石垣に、内側に緩くカーブさせて積むことで強度を保つ「輪取り」と呼ばれる工法が用いられていることがわかった。 天守閣の荷重を内側に分散させる工夫とみられ、黒田官兵衛(如水)が築いた中津城(大分県中津市)でも採用されているという。[西日本新聞]...

続きを読む

相島沖合(福岡県新宮町)

 相島沖合の海底で、平安時代に北部九州の窯で作られた古代瓦8枚が新たに発見された。 丸瓦1枚と平瓦7枚で、丸瓦は今回初めて見つかったという。[毎日新聞]...

続きを読む

志登尾北遺跡(福岡県糸島市)

 志登尾北遺跡で弥生時代中期後半の珍しいひょうたん形土器の破片が発見された。 ひょうたん形土器の出土は原の辻遺跡(長崎県壱岐市)や元岡遺跡(福岡市西区)など10例あり、いずれも海に近い交流・交易拠点であることから、航海の安全・無事を祈るための祭器として使われたとみられるという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

松本清張の詩を発見

 大正時代の同人誌「とりいれ(大正11年11月号)」から 「松本清張」の「風と稲」と題した詩が発見された。 作家・清張の少年時代の作品か、同姓同名の可能性があるという。[読売新聞]...

続きを読む

昭和時代の酒蔵の絵を発見(福岡県うきは市)

 昭和時代初期とみられる旧吉井町(現うきは市)の酒蔵を描いた絵画の複製が発見された。 24×37cmで、右下に「銘酒萬力 醸造元松田本店」と記されているという。[西日本新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村