記事一覧

李王家美術館→国立現代美術館徳寿宮別館(韓国・ソウル市)

 1938年に李王家美術館として建設された国立現代美術館徳寿宮(トクスグン)別館の屋根裏から、完工前の1937年9月に上げた棟上文が発見された。 見つかったのは木板で、「李王家美術館」という名称と建物が永久に維持されることを願う祈願文や、建設のいきさつ、上げた年月日などが筆で書かれていたという。[ハンギョレ]...

続きを読む

双陵の大墓(韓国・全羅北道益山市)

 双陵の大墓から百済の武王のものとみられる人骨が発見された。 1917年の日本統治時代の発掘では報告されていなかったという。[朝鮮日報]...

続きを読む

サウリペスハドンゲンシス(韓国・慶尚南道河東郡)

 河東郡で1億1000万年前の「2足で疾走するトカゲ」の足跡化石が発見された。 どんな種類かは不明だが、「サウリペス・ハドンゲンシス」と名付けられたという。[Scientific Reports・ナショナルジオグラフィック」...

続きを読む

皇福寺(韓国・慶尚北道慶州市)

 皇福寺(ファンボクサ)跡で新羅時代の建物跡や遺物が多数発見された。 同寺は654年に義湘 (ウィサン)が出家した寺と記録されているという。[東亜日報]...

続きを読む

日本統治時代のマンホールのふたを発見(韓国・ソウル市)

 龍山(ヨンサン)区で1926年11月~1947年4月1日まで使用された京城府第2期のマークが付いているマンホールのふたが発見された。 市の文化財にしようという声がある一方、いまだに残っていたなんて恥ずかしい限りという声もあるという。[韓国フィナンシャルニュース・ニフティニュース]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村