記事一覧

愛宕塚古墳(栃木県壬生町)

 6世紀後半の前方後円墳・愛宕塚古墳で、大きさの異なる2つの円筒埴輪の列が発見された。 内側の埴輪の数は推定350本、外側は約570本で、良好な状態で埴輪列が残る大型古墳は全国的でも珍しいという。[読売新聞]...

続きを読む

権現山遺跡(栃木県宇都宮市)

 東谷町の権現山遺跡の竪穴住居跡から大型の土師器などが発見された。 祭祀用と見られ、豪族の権威を示すものだった可能性があるという。[毎日新聞]...

続きを読む

関東大震災直後の「下野新聞」を発見(栃木県栃木市)

 関東大震災直後から約1か月後までを報じた下野新聞本紙31部と号外4部が柳橋町で発見され、下野新聞社に寄贈された。 うち6部は本社や県立図書館にも残っておらず、大震災直後の県内の動きをたどる上で貴重な史料といえそうだという。[下野新聞]...

続きを読む

愛宕塚古墳(栃木県壬生町)

 愛宕塚古墳(国史跡)で新たな発掘成果があった。 9日午前10時と1時半から現地説明会があるという。[壬生町]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

権現山遺跡(栃木県宇都宮市)

 東谷町の権現山遺跡にある古墳時代の竪穴住居跡から大型の土師(はじ)器などが発見された。 祭祀(さいし)に使われ、当時の豪族の権威を示すものだった可能性があるという。[毎日新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村