記事一覧

福田松琴の作品を発見(栃木県足利市)

 日本画家・福田松琴(ふくだしょうきん)の南画の掛け軸が市内で新たに発見された。 松琴の師は田崎草雲(たざきそううん)だという。[下野新聞]...

続きを読む

くるま橋遺跡(栃木県真岡市)

 石島のくるま橋遺跡で新たな発掘成果があった。 3日午前10時半と午後1時半から現地説明会があるという。[栃木県]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

佐貫石仏(栃木県塩谷町)

 佐貫石仏のすぐ東側に江戸時代に堂が建っていた可能性が高いことがわかった。 16日午前10時半と午後1時半から現地説明会があるという。[下野新聞]...

続きを読む

足利尊氏の肖像画の写しを発見

 顔だちを巡って今も意見が分かれる室町幕府初代将軍・足利尊氏が亡くなってほどない時期に描かれたと見られる肖像画の写しが発見された。 中世まで確実にさかのぼれる尊氏の肖像画は他に一例しかなく、尊氏の顔がこれではっきりしたという。[朝日新聞]...

続きを読む

愛宕塚古墳(栃木県壬生町)

 6世紀後半の前方後円墳・愛宕塚古墳で、大きさの異なる2つの円筒埴輪の列が発見された。 内側の埴輪の数は推定350本、外側は約570本で、良好な状態で埴輪列が残る大型古墳は全国的でも珍しいという。[読売新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村