記事一覧

サイベ沢遺跡(北海道函館市)

 桔梗町にあるサイベ沢遺跡で、1949年に行った発掘調査の風景を撮影した映像フィルムが、市立函館博物館で発見された。 同館によると当時、発掘調査を映像で残すのは非常に珍しかったという。[函館新聞]...

続きを読む

上島鳳山の作品を発見

 明治~大正期の日本画家・上島鳳山の日本画が新たに発見された。 自身が生きた時代の刃傷沙汰が描かれており、笠岡市立竹喬美術館(岡山県笠岡市)に寄贈されたという。[山陽新聞]...

続きを読む

鳥居龍蔵の史料を発見(徳島県徳島市)

 自伝に小学二年で中退したと書いていた人類学者・鳥居龍蔵の小学校卒業証書が県立鳥居龍蔵記念博物館で発見された。 少なくとも小学校を修了していたことを示す資料として研究者の注目を集めているという。[徳島新聞]...

続きを読む

朽木の遺跡(滋賀県高島市)

 朽木の山中で、人為的に斜面を削り広大な平地を造成したとみられる謎の遺跡が発見された。 中世~近世にかけて一帯を支配した朽木氏の関与が指摘されているという。[京都新聞]...

続きを読む

萬行寺(福岡市博多区)

 江戸時代初期の画家・狩野重信が描いたとみられる屏風絵「梅に鳩(はと)・東坡(とうば)風水洞図屏風」が萬行寺で発見された。 現存する重信の作品は10点ほどしかなく、絵画史研究の上で貴重な新資料になるという。[朝日新聞]...

続きを読む

水城(福岡県太宰府市)

 国史跡「水城跡」東門跡付近で、奈良時代の官道の側溝跡3か所が発見された。 本日午前10時20分から現地説明会があるという。[毎日新聞]...

続きを読む

多胡郡正倉(群馬県高崎市)

 奈良時代の上野国(群馬県)の出来事を記した「多胡碑(たごひ)」周辺碑と同時代の総瓦葺ぶき大型倉庫跡が発見された。 瓦葺き倉庫の確認は県内初で、一帯を古代の役所「郡衙(ぐんが)」の主要施設・正倉院(倉庫群)と認定、「多胡郡正倉跡」と命名し、本0日と2月6日各午前9時半から現地説明会を開くという。[読売新聞]...

続きを読む

江戸時代より前の人骨を発見(宮城県七ヶ浜町)

 七ヶ浜町で江戸時代より前の男性の人骨が発見された。 頭部に骨折痕があったため、殺人事件ではないかと捜査していたという。[産経新聞]...

続きを読む

昭和時代の「更別」の地図を発見(北海道更別村)

 昭和三十四年(1959)にカラーで発行された更別村の市街地図が発見された。 旧広尾線の駅を起点に栄えた当時のまちの姿が手に取るように分かる興味深い資料だという。[十勝毎日新聞]...

続きを読む

高橋遺跡(福島県楢葉町)

 高橋遺跡で縄文時代の竪穴住居跡19棟や大型の柱穴群、大型の埋設土器50基、土偶約20体などが発見された。 土偶の中には股間に男性器のような突起が付いているものもあるという。[共同通信・日本経済新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村