記事一覧

京都守護職上屋敷(京都市上京区)

 京都府警本部の新庁舎建設工事予定地で、幕末の会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)が務めた京都守護職の上屋敷のものとみられる建物跡が発見された。 建物跡が出土したのは初めてだが、当時描かれた絵図通りの配置で、29日午前10時と午後1時から現地説明会があるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

アンデルセン(栃木県栃木市)

 平柳町1丁目の雑貨店「アンデルセン」で戦前の市内の街並みを撮影した9.5mmフィルムが発見された。 旧栃木市制施行を祝う式典や出征兵の様子などが収められており、5月上旬に同店内で上映会を開くという。[下野新聞]...

続きを読む

ウミガメ(山梨県富士吉田市)

 市内で見つかった化石が、全国でも少ない中新世後期(約800万年前)のウミガメだったことがわかった。 県内でカメを含む爬虫類の化石が見つかるのは初めてで、平山郁夫シルクロード美術館(山梨県北杜市)で7月23日から一般に公開されるという。[NNN・山梨放送]...

続きを読む

聖書は考えられているより早く書かれていた(イスラエル)

 紀元前600年の陶器片に書かれた文章の筆跡分析に関する発見から、旧約聖書の一部が、これまで研究者が考えていたよりも早期に書かれていた可能性のあることがわかった。 この時代の古代ユダ王国の人々は識字率が高く、旧約聖書の一部を書き、編集することができるだけの知的資源を有していたとみられるという。[クリスチャンポスト・クリスチャントゥディ]...

続きを読む

パナマ運河(パナマ)

 パナマ運河で2100万年前のサルの小さな歯7個が発見された。 サルはアフリカ大陸から大西洋を渡って南米大陸にやってきたが、これまで考えられていたより1800万年早い時期に北米大陸に到達していたことを示唆しているという。[ネイチャー・AFP]...

続きを読む

東大寺(奈良県奈良市)

 栄西が手がけ、弟子の行勇が嘉禎四年(1238)頃に完成させた東大寺東塔跡で、中央に「七」の文字がある鎌倉時代の軒丸瓦が20枚超発見された。 文献では、東塔は高さ70~100mの巨大な七重塔とされ、「七重」の「七」を示すとみられており、29日~5月13日に東大寺ミュージアムで公開するという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

女谷・荒坂遺跡(京都府八幡市)

 美濃山にある古墳時代後期~飛鳥時代(6世紀後半~7世紀前半)の集団墓地「女谷・荒坂横穴(おうけつ)群」の横穴墓数が300基に上る可能性があることがわかった。 近くの松井横穴群(京都府京田辺市)と合わせると600~700基になり、近畿最大級の横穴密集地とみられるという。[京都新聞・Yahoo!ニュース]...

続きを読む

『判比量論』の断簡を発見(東京都)

 新羅の元暁が著した『判比量論』の断簡(抜け落ちがあり、一部だけが残った書物)が、都内で発見された。元 大谷大学(京都府京都市)に所蔵されているものと同一の筆写本だという。[朝鮮日報]...

続きを読む

ナスカの地上絵(ペルー)

 世界遺産「ナスカの地上絵」で知られるナスカ台地で、新たに空想上の動物とみられる地上絵が発見された。 全長約30m、舌を伸ばし、胴から足のような突起が複数出ているように見えるという。[スポニチ]...

続きを読む

Crater 2(宇宙)

 天球の今まで何もないと思われていた場所で、390年前の光を放ちながら天の川銀河の周りを周回する矮小銀河「Crater 2」が発見された。 宇宙レベルではお隣さんと言ってもいいくらいの近さにあったという。[アメーバニュース]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村