記事一覧

西側北遺跡(愛知県豊橋市)

 牛川町の西側北遺跡で、日本最古級となる縄文時代草創期(約1万1000年前)の竪穴建物跡が発見された。 27日午前10時と午後1時半から現地説明会があるという。[東日新聞・毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

文京遺跡(愛媛県松山市)

 文京遺跡で縄文時代晩期末~弥生時代前期初頭(紀元前700~紀元前500年)の畑跡が発見された。 弥生時代前期前半の庄・蔵本遺跡(徳島県徳島市)や筋違遺跡(三重県松阪市)より1世紀余り古く、国内最古の畑跡だという。[ロイター・NHK]...

続きを読む

川原遺跡(長野県飯田市)

 下久堅知久平の天竜川左岸にある川原遺跡で、縄文時代中期~晩期(約4500~3000年前)とみられる住居跡8軒が発見された。 縄文人が河川氾濫の危険箇所を避けて、集落を形成していた様子がうかがえるという。[信濃毎日新聞]...

続きを読む

四日市海上保安部(三重県四日市市)

 昭和天皇の母・貞明皇后が戦後間もなく全国の灯台守を気遣って贈った花瓶が、四日市海上保安部の部長室で発見された。 四日市港には当時4基の灯台があったが、最も規模の大きかった「四日市港防波堤灯台」が受け取ったとみられるという。[中日新聞]...

続きを読む

晋陽宮(中国・山西省)

 太原市の郊外で隋代(581-618)の晋陽宮跡が発見された。 同宮は545年に建築が始まり、590年に晋王・楊広(後の隋2代皇帝煬帝)によって拡張されたものだという。[中国日報・ニフティニュース]...

続きを読む

昭和時代の落とし穴を発見(沖縄県渡嘉敷村)

 阿波連見花原の山林で、昭和時代初期に掘られたとみられるケラマジカ捕獲用の落とし穴4つが発見された。 ケラマジカは国の天然記念物として保護されているが、当時は渡嘉敷村にも相当数が生息していたという。[琉球新報]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

太宰治の雑誌を発見(青森県)

 作家・太宰治が持っていたとみられる昭和時代初期の雑誌「文藝公論」が発見された。 作家名簿のページには、ペンや赤鉛筆による「〇」「×」など、太宰が書き込んだと思われる跡があるという。[東奥日報]...

続きを読む

野越堤(福岡県小郡市)

 干潟の県道53号(旧薩摩街道)で、同街道と一体になった江戸時代の治水施設「野越堤(のごしてい)」が初めて発見された。 同堤は川の堤防などの一部を低くし、そこに氾濫した水を集約して被害範囲を抑える機能があるもので、佐賀平野の城原(じょうばる)川周辺などにも残っているという。[毎日新聞]...

続きを読む

光沢肋鱗魚(中国・雲南省)

 雲南省で、2億4400万年前の魚「光沢肋鱗魚」の化石が発見された。 原始的な卵胎生ポリプテルス属で、プレトプレウス目最古の魚だという。[人民日報・レコードチャイナ]...

続きを読む

トンティアンロン・リモスス(中国・江西省)

 江西省で約7200万~6600万年前のオビラプトロサウルス類の新種恐竜化石が発見された。 泥沼にハマって出られなくなったもので、「トンティアンロン・リモスス」と名づけられたという。[ナショナルジオグラフィック]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村