記事一覧

高三潴遺跡(福岡県久留米市)

 高三潴遺跡でから弥生時代後期(約2000~1800年前)の装飾品「連玉(れんだま)」が発見された。 弥生時代の出土は伊都国があったとされる糸島市で2例あり、三潴地方に邪馬台国時代の小国があった可能性があるという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

百按司墓(沖縄県今帰仁村)

 昭和時代初期に百按司(むむじゃな)墓から持ち出した人骨26体超が京都大学に保管され、未だに返還されていないことがわかった。 また、台湾大学にも人骨33体が保管されているという。[琉球新報]...

続きを読む

田辺層群(和歌山県白浜町)

 田辺層群で1500万~1600万年前のヒトデの生痕化石が発見された。 国内初の報告だが、これだけではヒトデの種類はわからないという。[紀伊民報・Yahoo!ニュース]...

続きを読む

讃岐国府(香川県坂出市)

 府中町にある讃岐国府跡で、建物を規格的に配置した跡が発見された。 複数の建物が基準線に沿って並ぶように建てられており、国府の中心の「政庁」や行政実務を行う「国衙(こくが)」など重要施設の可能性があるという。[四国新聞・47ニュース]...

続きを読む

U-581(ポルトガル)

 1942年2月にアゾレス諸島で沈没したナチスドイツの潜水艦「U-581」の残骸が発見された。 海底で2つに割れて沈んでいたという。[ギズモードジャパン]...

続きを読む

鶯梅院(岡山市東区)

 国重要無形民俗文化財・西大寺会陽を描いた江戸後期作とみられる会陽図が(日本画)が鶯梅院で発見された。 軸装で55×135cm、祭りの舞台である西大寺観音院(東区)に贈られ、修復されるという。[山陽新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

水城(福岡県太宰府市)

 664年に築造されたとされる国特別史跡「水城」で発見された木樋(もくひ)に、2枚の底板をつなぐほぞ穴があることがわかった。 木樋は水城の内濠(うちぼり)から土塁の下を通って外濠(そとぼり)に水を流す導水管で、古代の土木技術の水準が分かる資料で、3月4日午前10時から現地説明会があるという。[西日本新聞]...

続きを読む

上村池遺跡(兵庫県加古川市)

 上村池遺跡で奈良時代後期(8世紀)の大型掘立柱建物跡や竪穴建物跡、平安時代後期(12世紀)の溝状遺構、須恵器片、瓦などが発見された。 3月4日午後1時半から現地説明会があるという。[加古川市]...

続きを読む

アントンウルリッヒ公爵美術館(ドイツ)

 長い間ドイツ人画家の作品と考えられていたアントン・ウルリッヒ公爵美術館にある犬の素描が、オランダの巨匠レンブラント・ファン・レインの作品だったことがわかった。 1637年頃の作品で、1770年から同美術館にあったという。のコレクションに加わっていた。[CNN]...

続きを読む

貴婦人の墓から夫の心臓を発見(フランス)

 17世紀に埋葬されたフランス貴族の女性ルイーズ・デ・ケンゴの墓から、防腐処理を施された彼女の夫の心臓が発見された。 ルイーズは1656年に65歳で死去したが、夫のトゥーサンはその7年前に死んでいたという。[ナショナルジオグラフィック]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村