記事一覧

下総国府(千葉県市川市)

 国府台地区で、奈良~平安時代(8~10世紀)の行政庁「下総国庁」につながっていたメインストリートとみられる大型道路跡が発見された。 幅9mで長さ約45mにわたって確認、6月3日に午前10時45分と午後0時45分から現地説明会があるという。[市川市・毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

塚前古墳(福島県いわき市)

 小名浜にある塚前古墳が全長が最大120mの前方後円墳と推定され、古墳時代後期(6世紀)では東北最大であることがわかった。 測量や発掘調査、明治時代の地図に照らしたわかったことで、当時、東北地方に大和政権とつながりのある有力な首長がいたことを示すものだという。[産経新聞]...

続きを読む

大正時代の人孔を発見(名古屋市中区)

 中区で大正時代に整備されたマンホールが発見された。 下水道草創期の1912年のもので、保存・展示に向けて水の歴史資料館(名古屋市千種区)に移設したという。[建通新聞]...

続きを読む

甲斐山岳会の幻の会報を発見(山梨県甲府市)

 1928年に発刊された甲斐山岳会の会報「山」第4号が市内で発見された。 会報は1~4号が刊行されたが、戦時中に焼失するなどしたため第4号だけ現物が確認されていなかったという。[山梨日日新聞]...

続きを読む

昭和時代の水産団体史料を発見(沖縄県那覇市)

 1946年6月に、那覇市出身の漁民らが旧石川市で結成した水産団体の資料約150枚が発見された。 那覇市が軍用地として開放されず、港の確保に苦闘した様子がわかるという。[沖縄タイムス]...

続きを読む

武市半平太→平野国臣の手紙?

 投獄中の武市半平太が平野国臣に送ったとされる手紙に偽物説が出たため、高知県立歴史民俗資料館(南国市)で予定されていた公開が中止になった。 反論者は、資料館が「近いうちに」と解読した部分は「今夜」と読むべきであり、土佐で投獄中の今夜に京都で会う約束をするのはおかしいとし、筆跡も異なる部分があるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

岸岳城(佐賀県唐津市)

 武雄市図書館・歴史資料館が保管する武雄鍋島家資料の絵図「唐津之図(からつのず)」に、岸岳城跡や、その属城の獅子城(ししがじょう)が描き込まれていることがわかった。 同城は戦国時代の肥前北部領主・波多氏の本城で、同氏滅亡後は唐津藩初代藩主の寺沢氏が唐津城の支城として整備したが、実体がよく分かっていなかったという。[佐賀新聞・西日本新聞]...

続きを読む

大窪砦(山形県小国町)

 小玉川にある戦国時代の大窪砦跡で枡形(ますがた)や根小屋跡などが発見された。 同砦跡は簡易な一防衛拠点とみられていたが、本格的な山城だったとみられるという。[毎日新聞]...

続きを読む

馬場氏の遺構(山梨県北杜市)

 白州町白須で戦国時代とみられる建物跡や土器片などが発見された。 武田信玄に仕えた馬場氏の遺構である可能性があるという。[山梨日日新聞]...

続きを読む

中山恒三郎邸(横浜市都筑区)

 幕末~明治時代の川和町の豪商だった中山恒三郎邸で、歴史的資料数万点が発見された。 村役場の古記録や酒屋の看板、陶器類など段ボール約300個分だという。[タウンニュース]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村