記事一覧

鷺内遺跡(福島県南相馬市)

 鹿島区の鷺内(さぎうち)遺跡で、縄文時代(約3000年前)に木の実を保存していた貯蔵穴が発見された。 かごのようなものからクルミなどが出土し、地下水を利用して長期保管していた痕跡がみられるという。[福島民報・福島民友新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

野尻湖(長野県信濃町)

 野尻湖岸の立が鼻遺跡で約4万5000年前のナウマンゾウの臼歯化石が発見された。 見つかったのはナウマンゾウの一生で最後に生えてくる「第3大臼歯」で約直径30cm、30~60歳の成獣のものとみられるという。[信濃毎日新聞]...

続きを読む

新井堀の内遺跡(埼玉県蓮田市)

 新井堀の内遺跡で古銭26万枚が発見された。 ここにはかつて武家屋敷が建っていて、その主が埋めたものではないかとみられているという。[テレビ朝日]...

続きを読む

須賀敦子の作品を発見

 「ミラノ 霧の風景」などのエッセーで知られた昭和時代のイタリア文学者・須賀敦子が若き日に書いた詩44編が発見された。 キリスト教への信仰や、自身の内面と向き合う言葉をつづったもので、詩集『主よ 一羽の鳩のために 須賀敦子詩集(河出書房新社)』として刊行されたという。[岩手日報]...

続きを読む

1800万年前の珪化木を発見(岐阜県可児市)

 二野で発見された約1800万年前の火山灰で埋まった木の化石「珪化木(けいかぼく)」が国内最大級とわかった。 ニレ科の落葉広葉樹で、大きさは直径約2m・長さ約16m、露出していた長さ約4m分が教材にするために市内の東明小に移設されたという。[岐阜新聞]...

続きを読む

舟木遺跡(兵庫県淡路市)

 舟木遺跡で弥生時代後期(1世紀~3世紀初頭)の魚を突くための鉄製のヤスや釣り針など鉄製品104点や鍛冶工房とみられる竪穴建物跡などが発見された。 25日午後1時半から北淡震災記念公園で成果報告会が開かれるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

和久遺跡(兵庫県姫路市)

 網干区にある和久遺跡で、弥生時代後期~古墳時代初め(3世紀後半~3世紀末)の溝や柵、竪穴住居跡が発見された。 同遺跡は周辺でも突出した大集落跡で、25日午後1時半から現地説明会があるという。[産経新聞]...

続きを読む

ヘロ内遺跡(茨城県大洗町)

 ヘロ内遺跡で古墳時代や平安時代などの竪穴建物跡や生活道具が発見された。 31日午後2時から現地説明会があるという。[大洗町]...

続きを読む

無量光院(岩手県平泉町)

 無量光院跡で北海道を中心に分布する11~12世紀の擦文(さつもん)土器片5点が発見された。 表面に描かれた山のような文様が特徴で、これまでの出土の最南端とみられるという。[岩手日報]...

続きを読む

1886年の瓶入り手紙を発見(オーストラリア)

 パースから約160キロ北に位置するウェッジ島近くの砂丘で、1886年6月12日の日付が書かれた19世紀オランダ製のジンの瓶に入った手紙が発見された。 ドイツの小型帆船「パウラ号」から海に投げ込まれたもので、世界最古の瓶入り手紙だという。[AFP]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村