FC2ブログ

記事一覧

西寺(京都市南区)

 794年の平安遷都時に東寺とともに配された西寺跡(国史跡)の近くで、礎石建物を建てるために地盤改良をした12か所の穴跡が発見された。 西寺の五重塔跡の可能性が高く、26日午前10時から現地説明会があるという。[共同通信・日本経済新聞・産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

水主神社東遺跡(京都府城陽市)

 寺田大畔の水主(みずし)神社東遺跡で、縄文時代晩期(約3000年前)の木組みの「水場遺構」が発見された。 流路を利用して飲み水の確保や木材などを加工するために使われたとみられ、26日午前10時から現地説明会があるという。[朝日新聞]...

続きを読む

豊臣秀吉→豊臣秀長の掟書を発見(岡山県)

 羽柴(豊臣)秀吉が天正十年(1582)の中国攻めに際し、自軍の主力で異父弟とされる秀長に送った掟書(おきてがき)が県内で新たに発見された。 三月二十六日付で、味方となった備前の戦国大名・宇喜多氏の領内を進むに当たり、乱暴狼藉(ろうぜき)をしないなど兵に対する注意事項を記載しており、愛媛県歴史文化博物館(西予市)で11月24日まで開催中の特別展「瀬戸内ヒストリア」で公開されているという。[山陽新聞・朝日新聞]...

続きを読む

清水風遺跡(奈良県田原本町・天理市)

 弥生時代の集落跡と墓跡が発見された清水風(しみずかぜ)遺跡で、胸に乳房が表現された女性とみられる人物の刻まれた紀元前1世紀頃の絵画土器片が発見された。 同土器片は12月1日まで唐古・鍵考古学ミュージアム(田原本町)で展示されているという。[朝日新聞]...

続きを読む

徳川家康→村上義明の書状を発見

 1600年の関ヶ原の戦いの前に徳川家康が越後本庄城主。村上義明(頼勝、村上周防守)へ送った書状が発見された。 六月十四日付で、「(上杉領の)佐渡・庄内への出陣は一切無用」などと書かれており、12月21・22日にパシフィコ横浜(横浜市)で開かれる「お城エキスポ」で公開されるという。[新潟日報]...

続きを読む

「硫黄島の星条旗」の人物は別人

 戦中の硫黄島で星条旗を掲げる米兵たちを捉えた有名な写真「硫黄島の星条旗」について、写っている米兵の身元が間違っていたことがわかった。 レネ・ギャグノン一等兵とされていた人物がハロルド・ケラー伍長だったことがわかったという。[AFP]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

平安京(京都市南区)

 室町小路想定地の平安京左京九条三坊九町跡で、平安時代初期(9世紀前半)の運河跡が発見された。 また運河跡の東から同時期の掘立柱の建物跡8棟分も出土、国の庶民救済施設「施薬院」の関連施設の可能性もあるという。[産経新聞]...

続きを読む

戦中の茶碗を発見(愛媛県愛南町)

 戦中に生産・流通したと思われる子ども用茶碗(ちゃわん)が町内で発見された。 旭日旗やナチスドイツやイタリアの国旗を描いたものや、カラフルなワンピースの少女と鳩(はと)をあしらった絵柄のものもあるという。[毎日新聞]...

続きを読む

移民船「まにら丸」の航海日記を発見(熊本県八代市)

 昭和三年(1928)十二月、日本からブラジルに向かった移民船「まにら丸」の航海日記『第百拾四回伯剌西爾渡航 航海日記 青年会編輯』が鏡町の民家で発見された。 新天地を目指す52日間の過酷な船旅を、乗船した移民らが克明に記録して自ら編さんしたものだという。[熊本日日新聞]...

続きを読む

長島愛生園(岡山県瀬戸内市)

 国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で、1950年代に鳥取市の市民劇団「鳥取演劇集団」が慰問公演した時の写真41枚が発見された。 外部と親密な交流を重ねていたことを裏付ける貴重な史料だという。[毎日新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村