FC2ブログ

記事一覧

吉備真備の真筆?を発見(中国)

 奈良時代の高級役人・吉備真備が、遣唐使時代に書いたとみられる真筆?が中国で発見された。 見つかったのは開元二十二年(734)六月に死去した「鴻臚寺(こうろじ)」という役所の中級官僚だった李訓(りくん)の墓誌で、真備の書とすれば世界初の発見だという。[朝日新聞]●吉備真備(きびのまきび)[1]・[2]・[3]・[4]・[5]・[6]●※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

服部良一・笠置シズ子の資料を発見

 昭和時代の音楽家・服部良一が昭和十五年(1940)頃に作詞・作曲し、ブギの女王と呼ばれた笠置シヅ子が歌った「幻の作品」とされる曲の楽譜や歌詞などの資料が初めて発見された。 タイトルは「大空の弟」で、音源が全く残されておらず、これまで「幻の作品」とされてきたものだという。。...

続きを読む

末吉公園≧末吉村(沖縄県那覇市)

 末吉公園内の末吉村跡で18~19世紀の民家跡が発見された。 昨年発掘された隣のノロ殿内跡と同様に屋敷全体の遺構が良好な状態で残っていたという。[琉球新報]...

続きを読む

咸陽城遺跡(中国・陝西省)

 咸陽城遺跡の秦の貴族の墓から発見された青銅器が「蜀守・斯離」の監督下で製造されたものであることがわかった。 埋葬年代は咸陽に秦の都が置かれていた戦国時代後期と推定されるという。[XinhuaNews・AFP]...

続きを読む

マンモス(メキシコ)

 メキシコ市北方のトゥルテペックでマンモス14頭分の骨約820個が発見された。 マンモスの化石の発見としては史上最多で、現場には少なくとも5つの群れが存在していたという[AFP・ライブドアニュース・日刊スポーツ]...

続きを読む

中曽根遺跡(富山県高岡市)

 中曽根遺跡で弥生時代後期~古墳時代(約1800年前)のものとみられる土器や、土器に使われる粘土の採掘跡が発見された。 同遺跡では中国宋代の銅銭や陶磁器などや、水田の水路や粘土採掘坑として使われていた溝や穴も見つかっているという。[北国新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

陸奥国分寺(仙台市若林区)

 陸奥国分寺跡にある鐘楼(市重文)の基礎構造が、同じく境内にある仁王門とは異なることわかった。 鐘楼の出入口は西側にあったが、かつては東側にあったこともわかったという。[河北新報]...

続きを読む

赤瀬川原平の作品を発見

 前衛美術家として活躍し、ベストセラーとなった『老人力』「超芸術トマソン』などの著作でも知られる芥川賞作家・赤瀬川原平が、20歳の頃に書いた幻の初期小説『再出発』が発見された。 大分市の美術サークル「新世紀群」の機関誌に掲載されており、ある日、「トランプの夢」から目覚めた「彼」が、定期券を持って駅を目指すが、道は普段と異なって行けば行くほど狭くなり、沿道の商店もはるか下方に降りていて、彼は不安を抱え...

続きを読む

岩村通世→昭和天皇の上奏文の文案を発見

 戦時下、日本政府の極秘情報をソ連のスパイらが漏洩(ろうえい)した「ゾルゲ事件」の概要を、司法相・岩村通世が昭和天皇に報告した上奏文の文案が発見された。 報告内容が当局の都合に合わせて添削される過程もうかがえ、第一級の重要資料だという。[朝日新聞]...

続きを読む

越貴族の古墳遺跡群(中国・浙江省)

 安吉県で2500年超前の古墳遺跡群が発見された。 見つかったのは中心となる棺墓と31の副葬墓で、陶磁器、玉、石など346点の副葬品もむ見つかったという。[中国国際放送局]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村