記事一覧

コウモリダコ(北海道むかわ町)

 穂別白亜紀前期(約8600万年~8000万年前)のタコやイカの仲間のコウモリダコの下顎(あご)部分の化石が発見された。
 推定全長1.1mで、同町でこれまでに発見されているクビナガリュウモササウルスと同時期に生息したとみられるという。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村