記事一覧

三菱重工業長崎造船所(長崎県長崎市・諫早市)



 太平洋戦争フィリピン沖で撃沈された日本海軍の戦艦「武蔵」の設計図の一部約200枚が三菱重工業長崎造船所で発見された。
 エンジンや機関室のボイラーなどパーツごとに分かれていて、途中で改良のため加筆されたと見られる部分が、赤いインクで書き込まれているという。[NHK]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村