記事一覧

国立ハンセン病療養所(東京都東村山市)

 国立ハンセン病療養所の敷地内で、深さ2mほどの堀跡が発見された。
 明治四十二年に療養所が開設された当時、患者が外に逃げ出さないようにしたり、周辺住民とのトラブルを防ぐなどの目的で掘られたものだという。[NHK]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村