記事一覧

轟神社(大分県大分市)


 木佐上の轟神社が保存している浄瑠璃人形35体のうち3体が、阿波人形浄瑠璃芝居にも使われる人形「阿波木偶(でこ)」だったことがわかった。
 名人とされる江戸~昭和時代の人形師・初代天狗久(てんぐひさ)の作で、県内での確認したのは初めてだという。[大分合同新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村