記事一覧

徳島県立文書館(徳島県徳島市)

 宝永南海地震(1707年)の際に小松島市で地盤沈下が起きていたことをうかがわせる古文書記録「仕上ル御請書物之事」が、徳島県立文書館収蔵品の中から発見された。
 享保二十年(1735)に和田島村(小松島市)の大地主・分平徳島藩に送った文書の控えとされ、地震による地盤沈下昭和南海地震(1946年)の際にも県内各地でみられたが、過去にも繰り返されてきたことが推測でき、南海トラフ巨大地震対策の参考になりそうだという。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村