記事一覧

稲荷山古墳(埼玉県行田市)

 古代ヤマト王権の「ワカタケル大王(雄略天皇)」の名を金の線で記した「金錯銘(きんさくめい)鉄剣」が出土した前方後円墳「稲荷山古墳」の後円部中央の地下に、未知の埋葬施設の可能性がある構造物らしきものが発見された。
 「鉄剣の持ち主=古墳のあるじ」という見方もあったが、今回の発見は鉄剣の持ち主とは別に、「真のあるじ」が埋葬されている可能性を示すものだという。[朝日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村