記事一覧

帽巖跡(徳島県小松島市)

 安政南海地震(1854年)の発生日時や被害について記された新たな地震津波碑「帽巖(ぼうげん)跡」が金磯町で発見された。
 県内の地震津波碑はこれまでに8市町で38基が確認されているが、この碑で39基目になるという。[徳島新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村