記事一覧

中臣遺跡(京都市山科区)

 弥生時代から始まる集落遺跡で、のちに藤原氏となる有力豪族・中臣(なかとみ)氏の拠点ともされる勧修寺西栗栖野町の「中臣遺跡」で、飛鳥~奈良時代(7~8世紀頃)の建物跡らしきものが発見された。
 また、古墳時代に建物を建てるために他の地から運んできた土で造成した痕跡、弥生時代の土器なども出土したという。[産経新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村