記事一覧

円勝寺(京都市左京区)

 平安時代後期に鳥羽天皇中宮待賢門院が建てた円勝寺の推定地から寺の境界の溝が発見された。
 寺の敷地の南北幅は約100mだったとわかり、本日午前10時から現地説明会があるという。[産経新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村