記事一覧

平安山原B遺跡(沖縄県北谷町)

 伊平の平安山原(はんざんばる)B遺跡で、縄文時代晩期(約2500年前)に東北地方を中心に使われていた大洞系(おおほらけい)土器の破片が発見された。
 大洞系土器大洞A式土器(亀ヶ岡式土器)の可能性が高く、県内では初の発見だという。[琉球新報]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村