記事一覧

姫路城(兵庫県姫路市)

 姫路城(世界遺産)東側にある内船場蔵南石垣の土砂の下から、江戸時代初期に造られた石垣が当時の状態のまま発見された。
 石垣の修復中に「○」の中央に横棒が通る刻印が入った石も発見され、築城当時の城主池田輝政の家臣が何らかの目印として刻んだ可能性があるという。[産経新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村