記事一覧

荻原一青の作品を発見(堺市中区)

 城郭画家・荻原一青(おぎはらいっせい)が描いた「百名城(ひゃくめいじょう)」の手ぬぐい用の原画99枚と、大阪伝統の染め方で作った103種類の手ぬぐいが、元染色職人・池田公治宅で発見され、尼崎市立地域研究史料館(兵庫県尼崎市)に寄託されることになった。
 荻原は戦後の復興期から高度成長期に全国各地の城を巡り、復元図などを描き続けたという。[朝日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村