記事一覧

立命館大(京都市北区)

 第二次世界大戦末期に学徒出陣して23歳で戦死した京大生・林尹夫(はやしただお)が、死を目前にした内面を率直につづった遺稿ノート4冊などが立命館大国際平和ミュージアムで発見された。
 50年前に一部が書籍として刊行されたものの、未刊部分が多く、その中身は長く確認されてこなかったという。[毎日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村