記事一覧

草野家住宅(大分県日田市)

 県内最古の大型商家・草野家住宅(草野本家、国重文)の隠宅蔵で、明治時代日田祇園豆田下町山鉾(やまほこ)に使われた「助板(たすけいた)」が発見された。
 台車正面の下部に取り付けて人が巻き込まれるのを防ぐ板で、当時の史料通りの「平恕(へいじょ。思いやりの心)」と「明治」の元号が墨書されているという。[毎日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村