記事一覧

存在したアイヌの墓発掘禁止令(オーストリア)

 海外にアイヌ民族の遺骨が散逸している問題で、日本政府が明治時代(19世紀後半)にアイヌの発掘を禁止する「命令」を出していたことがオーストリア人アイヌ研究者グスタフ・クライトナーの旅行記『極東にて』に記されていたことがわかった。
 命令が確認されれば、海外からの遺骨返還に必要な「不当な収集」を裏付ける根拠となる可能性があり、日本政府による調査の必要性を指摘しているという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村