記事一覧

ヒエ塚古墳(奈良県天理市)

 萱生町にある前方後円墳ヒエ塚古墳後円部北側で、弥生~古墳時代(3世紀後半~4世紀初め)の周濠(しゅうごう)が発見された。
 後円部の大きさは想定されていたよりも10m大きい直径70mになりそうで、19日午後1時半から現地説明会があるという。[読売新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村